KLabGames事業本部 C・B

デザイナー職
C・B

KLabGames事業本部
入社3年目

会社とともに成長できる充実感
大きな目標へ一歩ずつ着実に近づいています

入社からこれまでについて教えてください。

KCF’16をきっかけに入社し、入社研修後に参加させてもらった案件(ゲームプロジェクト)では、チームでのゲーム製作にまつわる専門的な知識を得ながら、原作者の描いた世界観にどれだけ近づけるかという勉強をさせてもらいました。

そして現在は、新規開発のチームに参加させてもらっています。自分の決断がプロジェクトの形を大きく変えるという責任もあり、以前よりグッと緊張感が高まりました。

任されることも増え、学ぶことばかりの刺激的な毎日で、あっという間に時間が流れていますね。

任されることが増えると、力がつき自信にも繋がりますよね。

KLabGames事業本部 C・B

やる気や意欲のある人であれば、信頼して任せてくれることが多くて、僕のようにチャレンジしたいことがたくさんあるタイプには有難い限りの環境です。

何か問題が発生しても指示を受けるだけでなく「提案してみてください」という感じ。かといって放任ではなく、良い面を引き出してもらえます。

案件への貢献度を決めるのは自分次第という、本当に自分にとって嬉しい文化だと思っています。

入社研修についてはどういった内容でしたか?

一般的な入社研修のほか、実務に近い課題を与えてもらい、個のレベルに応じて指導いただける濃い内容でした。

3Dモデラーとして入社しましたが、キャラクターデザイン・モデリング・アニメーション・演出など、3Dゲームのクリエイティブプロセスを一通り体験させていただきました。

自分が関わらない業務の難しい箇所や苦労する部分を理解することができ、ゲーム制作はチームで行うものだと改めて痛感できました。どの工程も必要不可欠という考えが生まれたのは、何よりも大きな収穫でしたね。

では、働きやすさはいかがですか?

「会社と一緒に自分も成長できそう」と感じる場面が多くあります。上司も同僚も優しく素晴らしい方ばかりで、何事においても皆で話し合って改善していけそうな雰囲気ですし、とても働きやすい環境で満足しています。

待遇面でも、頑張った分を正当に評価していただける公正公平な実力主義です。

「もっと良くしたい」「こう進めたらどうか」といった能動的に提案し、結果にも貢献できた仕事は、特に高く評価してもらえたような気がします。

今一番力を入れていることは何ですか?

KLabGames事業本部 C・B

プロジェクト全体をスムーズに進めるにはどうすれば良いか、効率良く力を発揮するにはどうすればよいかなどの、製作過程の充実に力を注いでいます。

学生時代は自分本位の根性と力技で乗り切っていましたが、現在はチームで創っているわけなので、一人が過剰に頑張っても意味がありません。

高品質なものを作り出すために、よりエレガントな進め方や改善方法はないか、会社からのバックアップを受けながら日々模索して進めています。

会社のバックアップは強力そうですね。

社員教育の一環として、クリエイターの活躍を後押しする制度もあります。例えば、通常業務時間の1割を、上司に許可を取ることなく自由に使える「どぶろく制度」を利用し、業務以外のクリエイティブ活動をしている人もたくさんいます。

僕もその制度を利用し、東京ゲームショウなどに参加させてもらっています。毎年3月にサンフランシスコで行われている世界最大のゲーム開発者会議GDC(Game Developers Conference)にも行かせていただきました。

世界の第一線で活躍するクリエイターに直接お会いできましたし、視野も広がって経験値を大きくあげることができました。

どんな方と一緒に仕事をしたいですか?

前述の通り、KLabはチャレンジ精神のある方が活躍できると思います。好奇心と向上心が高い人も相性がいいですね。

出る杭が打たれることもありませんし、失敗を重ねてこそより良いものが生まれる環境なので、新しいことにワクワクできる人と一緒に仕事ができたら嬉しいですね。

最後に今後の目標をどうぞ!

KLabGames事業本部 C・B

学生時代からの目標だったアートディレクター、テクニカルディレクターへの道を一歩一歩着実に進めている真っ只中です。

さらなる大きな夢としては、いつか「このゲームといえば…」で、自分の名前が出てくるような、そんな代名詞になるようなゲームをつくれたらいいな。すごく大きな夢ですが「KLabなら叶うかも」という気持ちにさせてくれます。これからも、丁寧なモノづくりを忘れず、頑張っていきたいです。

他のメンバーはこちら

関連コンテンツ