KLab株式会社

社長メッセージ


KLabのミッションは「世界と自分をワクワクさせろ」です。

世の中を、世界中の人々を、ワクワクさせる事業/コンテンツ/テクノロジーを生み出していく企業でありたい、そのためには作っている私たち自身がワクワクして取り組んでいたい、という思いで定めました。

2000年に従来型携帯電話(通称:ガラケー)向けのシステムやアプリケーションの開発会社として創業した私たちですが、時代の変化とともに、モバイル端末で楽しめるコンテンツサービスを軸に事業を拡大してきました。そして、2009年からはモバイルゲーム事業に参入、KLabGamesをスタートさせ、今では、世界155の国と地域に向けてゲームを配信するグローバルパブリッシャーへと成長しました。

ここまでの道のりは決して平たんではなく、大きな成功も、厳しい試練も経験しました。何度も荒波を乗り切り、現在のような発展と成長ができたのは、「世の中を驚かせてやろう」「自分たちがワクワクすることをやりきろう」という”KLabマインド”が、創業時より脈々と受け継がれてきたからこそだと思っています。

5年~10年~さらにその先を見据え、世の中をもっと面白くし、より一層の事業の発展と成長を目指して、「世界と自分をワクワク」させてまいります。 皆様のご指導・ご支援の程、お願い申し上げます。


KLab株式会社 代表取締役社長CEO

森田 英克