なぜKLabのクリエイティブはリモートでも成長できるのか?取締役 中根に聞く「KLabのキャリアプランと強み」~職種別社内共有会の開催レポート②~

thumbnail_All Creative Meeting.png

KLabは先日、「All Creative Meeting」(オールクリエイティブミーティング、以下、ACM)を初めて社内開催いたしました。

ACMとは、リモートでKLabの「制作職」にフォーカスした話をする場として、主にクリエイティブ職社員向けに企画された新しい取り組みです。
(・・・察しのよろしい方はお分かりかもしれません。先日ご紹介したATMのクリエイティブバージョンになります!)

組織全体の動きや社内の取り組み、また、問題や課題を共有し、在宅勤務の中でも業務環境をさらに向上していくことを目的として今回新たに開催されました。

2021111701.png

会はATMと同じく、Zoomを使って社内配信されましたが・・
ACMでは、冒頭からKLab Sound Teamの楽曲が流れ、チャット欄にも社員からのコメントがたくさん!クリエイティブらしい自由で楽しい雰囲気でスタートしました。

そして、取締役の中根より、改めて自己紹介とともにスピーチがありました。

2021111702.jpg

中根からは、制作物のクオリティや目指す組織について話をしました。とくに組織の在り方については、事業目線とクリエイター目線のそれぞれでの考え方が提示され、その考え方をもとに、「一人ひとりが小さなチャレンジからしっかりトライしてみてほしい」という想いが語られました。

また、現在進行中のプロジェクトについての報告や、事前に社員から寄せられた質問に回答していくQ&Aコーナーもありました。

さらに、直近の制作事例について、実際に携わった社員から、使っているソフトや工夫したところなどについて、実際の制作物の画像と共に解説されました。(ブログの都合上、あいにく制作物の画像はお見せできませんが、短い時間内で分かりやすくまとめられた発表で、広報も思わず「おお~」となりました!)


最後に、取締役の中根から、ACM開催についての一言コメントを紹介します!

皆さんどういう心持ちで参加してくれるのか少し不安でしたが、想像していたよりもポジティブに盛り上げようとしてくれた方が多くて助かりました。こういう方が多いのもKLabのクリエイティブ組織の良さだなと改めて思いました。ACMを通じてこういうポジティブな空気が伝搬し、自分も頑張ろうと思うきっかけになってくれると良いなと思います!


ー中根さん、ありがとうございました!
KLabでは、今後もACMなどをはじめ、社員の業務環境やコミュニケーションをさらに向上していくための施策について日々検証し取り組んでまいります!

このブログについて

KLabの社内や社員の様子、サービスについての情報を発信します。

関連記事

このブログについて

KLabの社内や社員の様子、サービスについての情報を発信します。