S・N 総合職

総合職
S・N

KLabGames事業本部
入社3年目

世界で戦う「難しさ」×「楽しさ」

入社3年目(取材当時)ということですが、元々ゲーム業界を志望されて就職活動をしていたのでしょうか?

S・N 総合職

好きなことを仕事にしたい

元々子供のころからエンタメが好きだったので、エンタメ業界志望でした。それもあり、趣味を仕事にするって、どうなんだろうと思い、大学生のときに、エンタメコンテンツを制作するベンチャー企業でインターンとして働いてみました。
実際にコンテンツを制作してリリースする仕事を経験してみた結果、やっぱりエンタメ業界で働きたい!となりました。
自分でコンテンツをつくってリリースする仕事が、めちゃくちゃ楽しかったです。ちなみに、「趣味を仕事にするのは良くない」といった否定的な考えももちろん一般的にあると思いますが、私自身は肯定派です。
その後、就活を進めていくなかで、エンタメ業界の中でも特にモバイルゲーム業界に興味を持ちました。元々ゲームが好きっていうのもありますが、この業界の市場の成長性や、技術としての拡張性などの観点から、モバイルゲーム業界に非常に興味を持ちました。
その中でもKLabは、海外展開に積極的なところがあり、私の中で、グローバルで仕事をしたいという気持ちが強くあったため、KLabに就職を決めました。

入社1年目の際に印象的だった仕事があれば教えてください。

S・N 総合職

グローバル展開されているタイトルのストーリー制作に携わることに

ゲーム内コンテンツの中でも重要なストーリー制作に携わることになりました。
ストーリーは、コンテンツの中でも、非常に重要な要素でもあり、ユーザーの皆様が非常に楽しみにしている部分でもあるため、ワクワクすると同時に、とてもプレッシャーを感じました。

新卒1年目からとても責任重大な仕事をすることになったんですね!
実際にその仕事を進めていく上で、楽しかったことや苦労はありましたか?

今までの仕事は、少人数の人と関わり合いながらする仕事が多かったのですが、いきなり、チーム全体を巻き込む仕事となりました。かつ、自分の企画が世界中に配信されるので、責任重大でした。
ただ、自分がゼロからストーリーの構成や魅せ方などを考えて、どうしたらユーザーの皆様に喜んでもらえるのかということを色々と検証しながらつくっていくのが非常に楽しかったです。
その試行錯誤してつくったストーリーが結果として、世界中のファンの皆様から「面白かった」という反応が返ってきたときは、やっぱり好きなことを仕事にすることは素晴らしいな、と思えました。

グローバル市場で戦う難しさでもあり、面白さがある仕事ですね。
グローバル市場で戦う上での苦労はありますか?

S・N 総合職

日本と海外では、重視するポイントが違ったりします。
海外と言っても、様々な地域、文化があります。そのため、世界中の方の傾向や好み、意見などを正確にキャッチアップするのは苦労しています。
データを見て定量的に考えたりもしますが、定性的な部分も無視できません。SNSで自分で調べたりもしますし、海外マーケティング担当の方にも助言をもらったりと試行錯誤しながら日々奮闘しています。

グローバル視点で物事を考えないといけないんですね。面白そうですね。
今後の目標やチャレンジしたいことがあれば教えてください。

S・N 総合職

どこの部署でも活躍できる人材になりたい

近い将来の目標としては、なんでもできる人になりたいと思っているので、レベルデザインやデータ分析、マーケティング関連など幅広くチャレンジしていきたいです。
ゼネラリストして力をつけていき、ゆくゆくは、リーダー、ディレクターと全体を統括する立場になることが目標です。

他のメンバーはこちら

関連コンテンツ