「CEDEC2021」にKLabのエンジニアが登壇します

技術広報グループのsuzuki-narです。

2021年08月24日(火)〜 2021年08月26日(木)の期間で開催予定の「CEDEC2021」にて
当社のエンジニアが2名登壇いたします。

開催概要

CEDECとは、ゲームを中心とするコンピュータエンターテインメント開発に携わる方や
エンターテイメントコンテンツ全般の制作、ビジネスに関わる方へ向けたカンファレンスです。

本イベントでは、当社エンジニアから機械学習によるコンテンツ制作支援について
開発タイトルを実例に登壇いたします。
機械学習の分野で活躍しているゲームエンジニアに特におすすめの内容になっています。

登壇概要

CEDEC2021登壇情報

■セッションタイトル
『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』の機械学習によるコンテンツ制作支援
〜譜面作成ヘのディープラーニング活用〜

■セッションの内容
『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』での機械学習による譜面作成支援の事例を紹介します。
・本セッションで紹介する譜面作成支援ツールは、機械学習を活用し、音源からゲーム譜面の元データを
生成します。GANなど最新のモデルも導入し、ディープラーニング技術を使ったコンテンツ制作支援を
いかに実現したかを解説します。
・使いやすいWEBアプリの形でツールを提供することで、効率的なワークフローを実現し、
譜面作成の時間を最大50%削減しました。
・ツール開発にあたって、サウンドチームとどのようにコラボレーションしたかを紹介します。

■登壇者
オウ リンジィャン
高田 敦史


イベントの詳細や申し込みについてなどの詳細は以下のページからご確認ください。
CEDEC2021公式ホームページ

このブログについて

KLabのゲーム開発・運用で培われた技術や挑戦とそのノウハウを発信します。

関連記事

このブログについて

KLabのゲーム開発・運用で培われた技術や挑戦とそのノウハウを発信します。