KLab株式会社

ニュースリリース一覧ページに戻る

2016/11/08

日本食・文化を海外に展開する子会社「KLab Food&Culture 株式会社」設立

~2016年12月「ラーメンアリーナ」1号店を中国上海にオープン~

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下「KLab」)は、
日本食と日本文化を海外に展開する子会社「KLab Food&Culture株式会社」(以下「KLab Food&Culture」)を設立しました。2016年12月19日にラーメンのフードテーマパーク「ラーメンアリーナ」(中国語表記:拉麺競技館)の1号店を中国上海にオープンします。

201611141723_1.png
拉麺競技館 館内イメージ

「KLab Food&Culture 」設立の背景

KLabは、主に日本のマンガやアニメを題材とするモバイルゲームを世界各国に配信しています。ゲームを世界各国に配信するに当たっては、各国でのローカライズとマーケティングを実施し、海外で累計約2000万ダウンロードを数えるユーザーを獲得しております。
また、中国、アメリカ、フォリピン、シンガポールに現地法人を設立・運営してきた経験から、法人登記、労働法や税法など国際ビジネスのノウハウを獲得してきました。

一方でラーメンをはじめとする日本食や日本文化を扱う会社は小規模事業者が多く国際ビジネスの経験が少ないのが現状です。そこで、今回設立した「KLab Food&Culture」は、当社が長年培ってきた、世界各地でのローカライズ、マーケティング、労働法や税法などのノウハウを生かし、日本の小規模事業者と連携し、日本食を始めとする日本文化の海外進出を促進します。


「KLab Food&Culture」は、将来的に日本食と日本文化全体をテーマに扱う予定です。
まずは、世界中で人気のラーメンにフォーカスし、フードテーマパーク「ラーメンアリーナ」を世界各地に展開していきます。

「ラーメンアリーナ」事業

「ラーメンアリーナ」事業を推進するにあたり、「KLab Food&Culture」は日本法人と現地法人で業務を分担します。
日本法人は「ラーメンアリーナ」に出店するテナント(ラーメン店)を日本全国で開拓し、契約を行います。
現地法人は、世界各地の一等地に立地を選定・賃借し、内装及び厨房等の設備を整えたうえで出店テナント(ラーメン店)にサブリースします。
また、会社設立・人材採用・食材の調達・免許取得・労働法や税法などのコンサルティングを行います。ラーメンアリーナの広告宣伝・集客も担当します。

事業モデルの特徴

不動産サブリース売上だけで黒字化出来る収益構造になっているため、ローリスク、ハイレバレッジな事業となっています。「ラーメンアリーナ」事業の売上は、以下の2つの要素から構成されます。

①不動産サブリース売上
 施設の人気に左右されず安定的な収益を期待できます。

②テナントの売上に比例するコンサルティング収入
 顧客の反応や営業状況などを考慮して効率的にテナントを入れ替えていくことにより、
 コンサルティング収入の最大化と継続性の維持を行います。

拉麺競技館

ラーメンアリーナの1号店は、2016年12月19日に上海中心部にある大悦城ショッピングモールにラーメン店7店舗と、クールジャパン小物などを扱う屋台7店舗でオープンします。

施設名称: ラーメンアリーナ(拉麺競技館)
名誉館長: はんつ遠藤
開業日:  2016年12月19日
場所:   中国上海市静安区西藏北路166号, 上海大悦城7F
施設総面積:1186.4㎡
総客席数: 322席
開店時間: 10:00~22:00

出店テナント一覧(順不同)

201612091444_1.png

※ラーメンアリーナ出店希望及びパートナー希望事業者様
お問い合わせ先: contact@klabfoodandculture.jp

今後のフランチャイズ展開について

中国上海1号店はモデル施設として位置づける当社グループの直営施設です。2号店以降は、大規模商業施設などにフランチャイズしていく計画です。
初期投資はフランチャイジーに負担いただき、サブリース収益をフランチャイジーと「KLab Food&Culture」間でシェアします。「KLab Food&Culture」の収益源はサブリース収益とコンサルティング収益からなります。

KLab Food&Culture 株式会社の概要

商号
:KLab Food&Culture 株式会社(KLab Food&Culture, Inc.)
代表取締役
:根岸 真茂
設立
:2016年8月8日
資本金
:1億504万円
本社所在地
:〒106-6122 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
事業内容
:飲食店業、飲食店の出店及び運営に関するコンサルティング業務
株主
:KLab株式会社 70%
 フードマーケティングアジア株式会社※ 30%

フードマーケティングアジア株式会社(FMA)

商号
:フードマーケティングアジア株式会社
代表取締役
:松本 勝
所在地
:東京都品川区西五反田2-9-7
事業内容
:飲食店経営・飲食店運営受託業務
 飲食コンサルティング・マーケティング業務

飲食業がメイン事業。FMAグループは上海の主要なショッピングセンターへの出店とフランチャイズ化に対して専門性を持つ。上海市内で日本飲食店を12店舗同時運営中。

※各社の会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。