KLab株式会社

ニュースリリース一覧ページに戻る

2016/09/28

KLab、学生インターンが新規事業をプロデュース!『バズムービーコンテスト』試験提供を開始

KLab株式会社
(コード番号:3656 東証一部)

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下「KLab」)は、学生インターンがプロデュースした学生向けの採用PR分散型メディア、『バズムービーコンテスト』(以下、『バズコン』)の試験提供を開始しました。

『バズコン』の仕組み

1)大学・大学院・専門学校に所属する学生グループ(以下、学生グループ)が、企業の出すお題に沿って動画を作成します。
2)バズコン事務局が、学生グループが作成した動画を「バズコン公式Twitter」に投稿し、各投稿に対する「いいね」と「リツイート」の数を基準としたコンテストを行います。
3)上位入賞の学生グループには、バズコン事務局より賞金が与えられます。
【バズコン公式Twitter】https://twitter.com/BuzzCon_KLab
【バズコン公式サイト】http://www.bmcontest.com

バズムービーコンテスト

サービス提供の背景について

学生インターンが中心となってプロデュース

学生インターンチームが主体となって、夏休みの2ヵ月間を利用してこのサービスをプロデュースしました。社長直下のポジションで、社長や新規事業開発グループのメンター、事業責任者の様々なアドバイスを参考にプロデュースしました。

※KLabではインターンを募集中!
https://klab-hr.snar.jp/jobboard/detail.aspx

企業のメリット

「分散型メディア×学生」で広がるポジティブな採用PR

『NowThis』や『BuzzFeed』などで近年話題の分散型メディアは、自社Webサイトを中心とせず、他の有力なSNSプラットフォームに直接コンテンツを掲載します。そのコンテンツが、SNS上のシェア機能を通してSNSユーザー間に広まります。
本サービスでは、多くの学生が使用する『Twitter』上で、学生グループが作成した採用PR動画が学生から学生へとシェアされるため、大きな宣伝費をかけなくても、多くの学生に企業が認知されることになります。

参加する学生グループのメリット

動画を拡散させて知名度アップ&賞金獲得!

コンテストの投票は『Twitter』の「いいね」と「リツイート」で行われるため、自分たちの作成した動画をバイラルさせて投票数を稼ぎつつ、学生グループの知名度を向上させることもできます。入賞すれば賞金を手に入れることができます。

企業人事と学生間のネットワーク構築

採用PR動画を作成する過程においての事前ヒアリング会、コンテスト終了後の交流会など、学生と企業が直接交流できるプログラムを用意しております。また就職活動を見据えて、企業人事と関わりながら、新たな知見を得ることができます。

幅広いジャンルの活動を行う、学生同士の横のつながり

参加できるのは大学や専門学校に所属する学生グループのみです。競い合う他の学生グループもみな学生であるため、交流会を通して、これまで関わることのなかったジャンルの学生と交流できます。

第1回『バズコン』 概要

201609281852_1.jpg

株式会社トップワイジャパン(http://www.topyjapan.co.jp/)※詳細については下記
動画テーマ「学生生活でトップ(No.1)だったこと」

参加資格

日本の大学・大学院・専門学校に所属する学生グループ

スケジュール

2016年9月28日(水) 19:00 ~ 2016年10月2日(火)23:59 投票期間
2016年10月3日(水) 結果発表
2016年10月7日(金) 表彰式および交流会

『バズコン』公式サイト http://www.bmcontest.com

※第1回目以降のコンテスト詳細はバズコン公式サイトをご確認ください。ご依頼企業様、学生グループ共に募集中!

※株式会社トップワイジャパン
代表取締役
:柳原 達也
本社所在地
:東京都 板橋区志村2-8-1 Yビル志村坂上2階
事業内容
:電気通信サービス及び不動産業の代理店業務
URL
http://www.topyjapan.co.jp/
※記載された会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

ニュースリリース

トピックス