KLab株式会社

ニュースリリース一覧ページに戻る

2009/04/21

KLabとチアル・アンド・アソシエイツ、お互いのソリューションを活かした販売展開で協業

~ 自宅PC内企業所有の個人情報、機密情報ファイルを洗い出し、リスクを低減 ~
KLab株式会社
代表取締役社長 真田 哲弥
株式会社チアル・アンド・アソシエイツ
代表取締役社長 井川 修治

KLab株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:真田 哲弥 以下KLab)は、株式会社チアル・アンド・アソシエイツ(本社:東京渋谷区、代表取締役社長:井川 修治 以下チアル)と協業し、お互いのセキュリティ製品の特徴を活かした販売展開を開始いたします。

KLabの保有する「P-Pointer」は、サーバやPCに潜在する個人情報や機密ファイルを検出し報告するツールとして、導入実績も150社を超え、社員のリスク管理に対する意識向上、抑止効果として力を発揮しております。

チアルの保有する「Secure Filer Pro」は、機密情報をファイルサーバで一元管理するシンクライアント型ファイル管理システムで、持ち出しの制御やログ管理、印刷や削除、編集などの権限コントロールを行うセキュリティツールとして、導入実績も100社を超え、具体的な機密情報の漏洩対策として、多くの企業に高い評価をいただいております。

この「機密情報の発見」と「機密情報のセキュリティ管理」という両製品の強みを活かした協業展開により、機密情報を各PCのローカルに置かず、ファイルサーバで金庫のように管理するセキュリティソリューションを提供できるようになります。

製品連携について

「P-Pointer」で探し出した機密情報を、「Secure Filer Pro」の安全な金庫サーバへ隔離することで、個々のPCに機密情報を存在させない、金庫サーバによる安全な管理を実現します。

P-Pointer」とは

個人情報の適切な管理は会社全体で取り組まなければならない課題ですが、策定したポリシーを全社員に理解させ運用するのは大変難しく、セキュリティ担当者の悩みとなっています。「P-Pointer」は、ハードディスク内の「どこに」「どのような」個人情報が「いくつ」あるのかを洗い出し、定期的に従業員自身によるファイル整理を義務付けることで個人情報管理の運用サイクルを確立し、従業員一人ひとりのセキュリティ意識向上を促します。また、クライアントPCへのインストールが不要のため導入・展開が容易なシステム構成となっており、多くの企業様にご導入いただいております。

P-Pointerの製品詳細情報はこちら → http://www.klab.com/jp/p-pointer/

Secure Filer Pro」とは

サーバ・クライアントのソフトウェアで、個々のローカルにデータを落とさずサーバで機密情報を一元管理できるシンクライアント型ファイル管理システムです。持ち出しにおけるメニューの制御やコピー・ペーストをコントロールするほか、印刷や編集、削除などの権限コントロールをユーザー、ファイル、フォルダ単位で設定することが可能です。またサーバへのログインから操作内容まで詳細なログを取得することができます。機密情報を金庫のように隔離でき、特定データに関わる最小人数から始められるため、シンプルで安価に簡単に導入できるツールとして高い評価をいただいている製品です。

Secure Filer Proの製品詳細情報はこちら → http://www.chial.jp/filer/pro.html

株式会社チアル・アンド・アソシエイツについて

社名
:株式会社チアル・アンド・アソシエイツ
代表者
:代表取締役社長 井川修治
設立
:2003年7月25日
資本金
:156,662,500円
本社所在地
:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-8-13 FLEG恵比寿Secondo 2F
事業内容
:セキュリティソフトウェアの企画・開発・販売
URL
http://www.chial.jp/
※記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。