KLab株式会社

ニュースリリース一覧ページに戻る

2009/11/19

KLabの個人情報検出ツール「P-Pointer」をプロミス株式会社が採用

~ 目視検査での「見落とし」等を防止しセキュリティレベルを向上 ~
KLab株式会社
代表取締役社長 真田 哲弥

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下、KLab)の個人情報検出ツール「P-Pointer」がプロミス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保 健、以下プロミス)に採用されました。

例外的に発生する外部媒体へのデータ書き出しに際して、書き出しデータの内容検査補助のための“個人情報検出ツール”の導入検討にあたり、プロミスが求めた要件である‘シンプルであること’、‘パスワードがかかっているファイルの存在を把握できること’、‘実行者が勝手に検査設定を変更できないこと’、‘他プログラムに影響を与えない(インストールを必要としないため)’において、「P-Pointer」が高く評価され、採用に至りました。

「P-Pointer」を導入し、書き出しデータの内容検査における「見落とし」等に対し、一定の検査水準を確保できるよう図ることにより、「立ち会いチェックの検査品質の平準化」の仕組みを作ることが可能となりました。

 

P-Pointer導入事例サイト

 URL:http://www.klab.com/jp/p-pointer/example/example_promise.html

「P-Pointer」とは

個人情報の適切な管理は会社全体で取り組まなければならない課題ですが、策定したポリシーを全社員に理解させ運用するのは大変難しく、セキュリティ担当者の悩みとなっています。「P-Pointer」は、ハードディスク内の「どこに」「どのような」個人情報が「いくつ」あるのかを洗い出し、定期的に従業員自身によるファイル整理を義務付けることで個人情報管理の運用サイクルを確立し、従業員一人ひとりのセキュリティ意識向上を促します。また、クライアントPCへのインストールが不要のため導入・展開が容易なシステム構成となっており、多くの企業様にご導入いただいております。

P-Pointerの製品詳細情報はこちら→http://www.klab.com/jp/p-pointer/

プロミス株式会社について

社名
:プロミス株式会社(Promise Co., Ltd.)
代表者
:代表取締役社長 久保 健
設立
:1962年3月20日
資本金
:80,737百万円
本社所在地
:〒100-0004  東京都千代田区大手町1-2-4
事業内容
:消費者金融業
URL
http://www.promise.co.jp/
※記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。