KLab株式会社

ニュースリリース一覧ページに戻る

2011/06/22

KLab、社外取締役にGoogle日本法人 元代表・辻野晃一郎氏を招聘

KLab株式会社
代表取締役社長 真田 哲弥

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下、KLab)は、2011年6月22日の臨時株主総会において社外取締役に辻野晃一郎氏を選任いたしましたので、お知らせいたします。

辻野晃一郎氏は、84年、ソニー株式会社に入社。VAIO、デジタルTV、ホームビデオ、パーソナルオーディオ等のカンパニープレジデントを歴任した後、2006年ソニーを退社。翌年、グーグルに入社し、その後、グーグル日本法人代表取締役社長に就任。2010年グーグルを退社後、アレックス株式会社を創業。現在、代表取締役社長兼CEOに就任しています。

辻野晃一郎氏は、KLabの社外取締役就任に際し、次のように語っています。

「KLabのビジョン(※1)に共鳴して社外取締役をお引き受けすることにしました。KLabにはかつてのソニーやGoogleに共通するような躍動感を感じます。日本経済に閉塞感が漂う中、KLabが世界に飛躍していくために、自らの経験を役立てたいと思っています。」

辻野晃一郎氏 経歴

1957年福岡県生まれ。
1984年3月 慶應義塾大学大学院工学研究科修了
1984年4月 ソニー株式会社入社
1988年6月 カリフォルニア工科大学大学院電気工学科修了
2006年3月 ソニー株式会社退社
2007年4月 Google入社
2009年1月 Google日本法人代表取締役社長
2010年4月 Google退社
2010年10月 アレックス設立・代表取締役社長兼CEO

著書に、『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』(新潮社、2010年11月20日)


(※1)KLabビジョン

  • IT業界で、一番ワクワクでき、一番成長し、一番利益を出す会社
  • 社会にインパクトを与える新しいビジネス、サービス、技術を創造し続ける会社
  • 利益を新規事業と研究開発に再投資することにより、新陳代謝し続け、成長し続ける会社
※記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。