KLab株式会社

ニュースリリース一覧ページに戻る

2011/08/22

東日本大震災 被災地域の大学へ研究開発支援金を寄付

KLab株式会社
代表取締役社長 真田 哲弥

このたびの東日本大震災で被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下、KLab)は、東日本大震災の復興支援活動として、下記の通り、8月26日に被災地域の大学への支援金寄付をいたします。

被災地域の大学への研究開発費支援

被災地域の若い力の育成の観点から、研究の援助を促進するために支援金を寄付し、震災のために滞ってしまっている研究開発に役立てて欲しいと考えています。

支援先支援金額
東北大学大学院 情報科学研究科300万円
筑波大学大学院 システム情報工学研究科300万円

当社はこれまで、信頼性の高いクラウドサービスやソフトウェアパッケージ、自社で企画・開発した良質なソーシャルアプリやデジタルコンテンツを提供してきたことから、KLabとして実施できる「ITを活用した復興支援」について検討を重ね、今回の復興支援を決定いたしました。

KLabは、今後も上記のような大学を対象とした支援以外にも、ITを活用したさまざまな支援活動を検討し、実施してまいります。