KLab株式会社

ニュースリリース一覧ページに戻る

2012/09/28

KLab、中国に現地法人を設立し、イトクロ中国現地法人のソーシャルゲーム開発部門を買収で合意

KLab株式会社
(コード番号:3656 東証一部)

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下「KLab」)の子会社であるKLab Global Pte. Ltd. が、下記のことについて決議いたしました。

  1. 中華人民共和国(以下「中国」)上海市における子会社、可来软件开发(上海)有限公司(以下「KLab China」 ※1 )の設立。
  2. 上記 1. の新会社設立後に、当該新会社が株式会社イトクロ(本社:東京都港区、代表取締役:山木学)の孫会社である轶腾酷(上海)信息科技有限公司(以下「YTK」)のソーシャルゲーム開発部門を買収する契約の締結。

※1 商号は、登記申請の過程で変更になる可能性があります。

中国現地法人の設立について

KLab Globalが中国上海市に設立する新会社の概要は、以下の通りです(平成24年9月28日現在)。

商号可来软件开发(上海)有限公司
商号(英語)KLab China  ※呼称
代表者の役職・氏名董事長 五十嵐 洋介
所在地中華人民共和国 上海市
主な事業内容中国国内におけるモバイルオンラインゲームの企画、開発、ローカライズ、マーケティング等
従業員数40 名程度からスタート予定
資本金1,400,000 シンガポールドル
設立年月日平成24年11 月(予定)
株主KLab Global Pte. Ltd

また、KLab Chinaを設立する目的は、以下の2点です。

1.日本向けタイトルの開発(およびグローバル向けタイトルの開発)
KLabでは、すでに開発拠点としてフィリピンにKLab Cyscorpions(本社:マニラ、代表者:野口太郎)をKLab Globalの子会社とするなど、開発の海外移転を積極的に推し進めています。新たに設立する中国拠点で日本向け(およびグローバル向け)に配信するゲームを開発することで、コストの低減を図ります。

2.中国市場における開発・ローカライズ・マーケティング
中国では急速にスマートフォンが普及しており、ソーシャルゲーム市場が立ち上がりはじめています。KLabでは、日本で提供しているゲームの中国向けローカライズや、中国向けオリジナルタイトルの企画・開発を行なっていきます。KLab Chinaでは、中国市場における企画、開発、ローカライズ、マーケティングまでを担い、中国国内の各種スマートフォン向けプラットフォームに、ゲームを提供していきます。

これにともなって、KLabでは以下のような開発体制を整備する予定です。

これからの開発拠点

イトクロ中国現地法人のソーシャルゲーム部門買収について

KLab Chinaが部門を買収するYTKは、日本国内のMobage(モバゲー)やGREE、mixi向けに「禁断のグリモワール」など、13タイトルを開発した実績があります。また、中国のDeNA China向けにもゲームの開発を行っています。
人員は開発12名、企画9名、デザイン9名、インフラ3名、管理部門等5名の38名で、企画、デザイン、開発からインフラ管理までをカバーできます。 今回の部門買収によってKLabはこれらの人員を獲得し、すぐにでも中国で開発をスタートする体制を整えることができます。

YTK WEBサイト

【URL】 http://www.yitengku.com/

※各社の会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

ニュースリリース

トピックス