KLab株式会社

ニュースリリース一覧ページに戻る

2014/03/04

KLab、Android/iOS向けテストアプリ配信ツール「EMLauncher」のソースコードを公開

KLab株式会社
(コード番号:3656 東証一部)
KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下「KLab」)は、ソフトウェアのソースコード共有サービス「GitHub」に「EMLauncher」をオープンソースとして公開しました。

「EMLauncher」はKLabが開発したAndroid/iOS向けテストアプリ配信ツールです。
KLabでは、エンジニアが作成したテストアプリを品質向上及び開発効率のために社内で共有してきました。
そのため、従来は各々がテストアプリ配信の外部サービスに登録していましたが、下記のような問題点を抱えていました。

  • アカウント管理が煩雑。
  • 公開前のアプリ情報を第三者へ渡すことで、自社でコントロールができない情報漏えいのリスクが生じる。
  • 外部サービスでは、ウイルス対策のために使用できる拡張子が限定されている。

これらを解消し、より効率的にテストアプリをシェアする手段として、自社サーバを用いたテストアプリ管理が出来る「EMLauncher」が開発されました。

現在KLabのテストアプリはすべて「EMLauncher」で管理し、全社員で共有しています。これにより、エンジニアの作業効率が向上しただけでなく、各部署間での意見交換が活発になり、アプリ品質の向上へもつながっています。

KLabは今後も拡大していくスマートフォンアプリ市場の成長を牽引するため、アプリ開発を含めた様々な取り組みを通じ、市場の活性化に貢献してまいります。

EMLauncher テストアプリ詳細ページ(PC版)

「EMLauncher」キャプチャ画像

「EMLauncher」の特徴

‐Android/iOSに対応

AndroidとiOSの両方に対応しているため、一元管理が可能です。
※iOSアプリのOTA (Over The Air)配信に対応しています。

‐どこからでもアクセス可能なwebアプリケーション

専用アプリをインストールすることなく、ブラウザでアクセスするだけでどんな端末からもすぐに使えます。

‐自社サーバでの情報管理

自社でコントロールができるサーバでリリース前アプリの管理を行うことができます。

‐EC2+S3のシンプルな構成

EC2のインスタンス1台とS3のバケット1つで動作します。その為、低コストでの運用が可能となります。

‐アップロードAPIも完備

apk/ipaファイルのアップロードはブラウザからだけでなく、シンプルなウェブAPIでも可能です。
さらにJenkinsプラグインも用意したので、ビルドプロセスに簡単に組み込めます。

ソース公開場所

URL

https://github.com/KLab/emlauncher

Jenkinsプラグイン

https://github.com/KLab/emlauncher-jenkins-plugin

当社が開発したソフトウェアやノウハウ、実験的なサービスについて情報発信するブログ「DSAS開発者の部屋」(http://dsas.blog.klab.org/)にて「EMLauncher」の詳細な情報を記載していますのでこちらもご覧ください。

※記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です

ニュースリリース

トピックス