KLab株式会社

ニュースリリース一覧ページに戻る

2015/05/29

KLabが、東南アジア でモバイルインターネットの無料化アプリを提供する YOYOホールディングスに出資

KLab株式会社
(コード番号:3656 東証一部)

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下「KLab」)の子会社であるKLab Globalは、モバイルインターネットを無料化するロックスクリーン広告アプリ 「PopSlide」を東南アジアで提供するYOYO Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:深田洋輔、以下「YOYO」)の株式を取得することに合意いたしました。
これにより、KLabの取締役 兼 KLab Cyscorpions代表取締役社長の野口太郎がYOYOの取締役として経営陣に加わり、経営支援及び技術支援を行っていきます。

※ロックスクリーンとは、スリープ状態のスマートフォンを電源ボタンで起動させたときに表示される画面のことで スライド式やパターン式といった解除方法があります。

モバイルインターネットを無料化するロックスクリーン広告アプリ 「PopSlide」

KLabはYOYOに出資するにあたり、サーバー周り、Android Client開発などの技術支援を行い、フィリピンに拠点を置くKLab Cyscorpionsからオフィス提供や福利厚生等の経営支援を行います。
それにより「PopSlide」の他国展開などを進め、将来有望な東南アジア地域のプラットフォームとしての成長を支援します。

※KLab CyscorpionsはKLabのフィリピン現地子会社で、駐在員・現地社員を合わせて200名以上の社員を有し、日本向け・欧米向けスマートフォン向けゲームの開発・制作・運用を主に行っています。

出資の目的

「PopSlide」は、東南アジア地域のスマートフォン端末におけるインターネットポータルに発展するポテンシャルがあり、KLabが将来東南アジアの市場に本格的に進出する際の戦略的パートナーとして連携していく予定です。

「PopSlide」について

「PopSlide」は、ユーザーのアンドロイド携帯のロックスクリーン上にニュース、エンタメ情報、天気予報に加えて各種広告を掲載するアプリです。ロックスクリーンを解除するだけでアプリ内のポイントが貯まり、ユーザーはそのポイントを利用してモバイル通信料金を無料で手に入れることができます。
フィリピン・インドネシアでは共にGoogle Playライフスタイル・カテゴリで長期間に渡りランキング1位を獲得し、既に最大級のリワードアプリとなっています。 マクドナルド、ネスレ、ユニリーバ、インテル、Lazadaなどの大手企業が広告主となっており、様々な国の多くのクライアントから支持されています。
さらに、2015年に開催された「新経済サミット」のピッチコンテスト「NES STARTUP COMPETITION」でも優勝した注目のサービスです。

YOYOについて

社名
:YOYO Holdings Pte. Ltd.
URL
http://yoyo-holdings.com/
代表者
:CEO 深田 洋輔
設立
:2012年10月10日
本社所在地
:10 Anson Road, #14-06 International Plaza, Singapore 079903
事業内容
:リワードプラットフォーム「PopSlide」の開発・運用
※各社の会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

ニュースリリース

トピックス